食べたものを毎日記録して無理のないダイエットを継続中

レコードダイエットを続けています。レコードダイエットは、食べたものを記録していくことで、痩せていくというものです。私がこのダイエット法に取り組もうと思ったきっかけは、岡田斗司夫さんのいつまでもデブと思うなよを読んだことです。ふくよかだった人があんなにもほっそりとできたのだから、食べることが大好きな私でも、岡田さんの言う通りにやれば痩せられるかもしれないと期待して手にとった本です。

読み進めていくと、とにかく食べたものを記録していくことで痩せられるんだ、ということが力説してあり、その理由にも納得したので私も始めてみることにしました。それがレコードダイエットとの出会いでした。岡田さんの場合はノートに記録していくというやり方でしたが、私は食品のカロリーというものを把握していなかったのと、自分の身長と日々の活動消費量からどのくらい食べられるのかという知識が浅かったので、レコードダイエットアプリに頼りました。

このダイエットは本来、何も食品の栄養価だとか詳細のカロリーを知っている必要はなくて、ただノートに記録していくだけで痩せられる方法です。著者の岡田さんは、食べたものをひたすら忠実に書いていけば、今日はもうこんなに食べたのだからこれ以上はやめておこうと自制になると言っています。確かにそうですが、私の場合は意志薄弱なのと食欲が強すぎるのと挫折しやすい傾向があるので、ダイエットアプリで痩せました。

毎日毎食、5kcalカロリー程度のブラックコーヒーでも、食べたり飲んだりしたものは必ず記録していきます。そうすることで、自分の一日の消費カロリーと身長からあとどのくらい食べられるのか、という残りの食べられるカロリーが自動的に算出されるので心強く感じるからです。私が使っていたアプリは栄養士から一日の終わりにアドバイスが来るというものなので、健康的に確実に安全に体重を落とすことができました。

栄養士が管理しているレコードダイエットは、足りない栄養分も細かく指導してくれるので、病気予防にも役立っているダイエットです。このダイエットを通して、意思の弱い私にこそ適しているダイエット法だということを感じています。きつい運動や筋トレは、継続が必要で私のように意思が弱い人には向いていません。効果的に痩せるにはある程度の筋肉も付ける必要もありますが、記録ダイエットであれば、食事だけで痩せられるので安定して落とせました。
レコード型のダイエットで何より嬉しいところは、食べていけないものがないところです。理由は、自分の身長と年齢と現在の体重に対して、一日に食べられるカロリーが決まっているので、その上限カロリーさえ肥えなければいいだけの話だからです。痩せるためには一日の上限カロリーよりも少しセーブする必要がありますが、それでもある程度まで食べられるので、無理ないペースで落とすことができました。

毎日総合摂取カロリーを調節しているだけなので、リバウンドもしにくいのでこれからもずっと続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です