軽い食事制限でも痩せる!?ダイエットサプリメントと運動ダイエットの魅力!

食事制限を行いながらダイエットサプリメントを飲むのが1番!

yaseru

ダイエットといえばプチ断食やジョギングなどが流行っていますが、私は美味しいものを我慢するのも走るのも苦手で食事を抜くダイエットや置き換えダイエットを試しては食欲に負け深夜に暴食してしまうという状態だったので手始めにストレッチを始めてみました。
関節が硬くなるとリンパの流れが悪くなるので下半身太りをしている私は股関節中心にストレッチとマッサージをして水分を多く摂るようにしたのですが、これだけでも数キロ体重が落ちて肌質もよくなり何より趣味の浮世絵を書く事で悩まされていた肩こりからも開放されました。

水分はトイレに行く度にコップ一杯寝る前にも一杯起きてから一杯常温のお水を摂るという習慣付けてしまえば簡単な事なのですが、毒素が排出されてリンパの流れもよくなるそうです。
ダイエットサプリメントも朝起きてからすぐにと、ご飯の前には必ず飲むようにしました。数キロ落ちたとはいえ間食がなかなかやめられずその分動くこともしないので勿論カロリーオーバー・・・なので間食をスルメに変えてみたらまた体重が落ち始めました。
二重顎も改善されてお腹も膨れるので通常の食事の量も減りみるみる体重は減りました。
体重が減っても見た目が痩せないとダイエット成功といえないと思い運動は苦手なのですが筋トレも追加することにしたのですが、キツイメニューは勿論続かなくなり断念してしまうので腹筋と足パカ運動を十回づつやることから始めてみました。
腹筋は普通の腹筋ではなく足をクロスさせてやる腹筋を始めたのですが、反動で体を起こしてしまわないよう息を吐きながらゆっくり体を起こすのですがこれがまた辛いんです。
ゆっくり息を吐きながら上体を起こすのではなく丸めるようにし、息を吐きながらゆっくり元に戻すんですが始めは十回から始め次の日には十五回と徐々に回数を増やし筋肉痛で動けないときは無理せず休む!というマイペースな筋トレ法にしたら続きました。結局、サプリを飲んでいても筋トレを一緒にする事で効果がアップするのでここは我慢です。
足パカ運動は仰向けに寝転び足だけを天井に向けて上げそのまま開き閉じるという単調な運動なのですが、意外と内腿に効きます。
どれも寝る前など少しの時間で出来る運動や習慣づけるだけのダイエット法なので私のようなズボラな人間でも続ける事ができました。
水分と間食の置き換えは習慣にしていくので毎日続けますが、筋トレは辛いときは無理せずお休みを取るのが続く秘訣だと私は思ってます。
ストレスでも太ってしまう現代なのでいかにストレスを感じずダイエットをしていくかが大切だと自分がダイエットを始めて思いました。
ただ痩せるだけじゃなく太りにくい体質にしていくには多少の筋力は必要なので、ただ痩せるじゃなく太りにくい体作りをしていきましょう。

太ってから痩せるまでの日々の過ごし方

debu

今年の夏に、大幅に体重が増えてしまいました。
原因は、冷凍冷蔵庫を春に購入したからです。
今まで冷凍庫なしでやりくりしていましたが、
思い切って冷凍庫付きの冷蔵庫を購入しました。
これで夏になると、アイスクリームの買い置きができると喜んでいました。
アイスクリームは1個づつ買うのではなく、箱に何個も入ったのを買う方が安いと、人から聞いていました。
そこで、スーパーに行くと本当に200円くらいで6個入ったアイスクリームの箱が売っていました。
買ってみたら病みつきになってしまいました。
毎日一箱買っていました。ということは1日で毎日アイス6個食べていたのです。

どんどん体重が増加してしまいました。
66キロくらいの体重が、72キロくらいに増えました。
6キロも重たくなると、腹が出てしまって今まで穿いてたズボンが穿けないものがでてきました。
これはいけないと思い、9月からダイエットを始めました。
私の行ったダイエットは、簡単で、なおかつ生活費が浮く、というものです。
具体的には、食事の際、摂取カロリーを必要なカロリーより減らす、といったものです。
つまり、わざと少しだけエネルギーが足りないような状態に体を持ち込むのです。
そうすると体は足りないエネルギーを補うため、不必要な体脂肪を燃焼させます。
すると体脂肪が落ちて、体は軽くなる、といった原理のダイエットです。
一言で言えば、カロリーをコントロールするダイエットだと言えます。

お酒はもちろん、ジュースも一切飲まないようにします。
今まで炭酸飲料と清涼飲料水を両方買っていましたが、それらはすべて絶ちました。
飲んでよいのはお茶とコーヒーだけに限定しました。
また、食事の方も、1日2食に切り替えました。
朝はコーヒーとサプリメントだけで済ませるようにしています。
昼には、百円の冷凍食品1個だけ食べて終わりにしていました。
夕方の食事にはカップラーメン1個かサラダチキンを食べるようにしています。
もちろん、今まで間食にしていたパンも食べるのを辞めました。
こうすると、食費がかなり浮いてきます。
一日2,3百円で食事ができてしまうのです。
痩せるサプリは50円程度ですので合わせても500円もいきません。

浮いた食費はお小遣いの方や他の生活費に回せます。
でも、あまり食事を切り詰めていると、どうしても美味しいものが食べたくなるのが人情ですよね。その際には、ヨーグルトなら食べて良いということにしています。
ヨーグルトを食べるとお通じが良くなるので、体重を減らすのに役立つからです。
11月の今、ダイエットを始めて2か月で2キロほど軽くなりました。
お腹のベルトの穴も一個移動しました。
成果が出ているので、これからも頑張りたいと思います。

痩せる事を諦めないで!運動量を上げてサプリをしっかりと飲む!

私はずぼらな性格のため、今まで様々なダイエットを試してきましたが、少し効果が出ては諦めてしまうルーティーンをよく繰り返していました。

ですがこんな私でも、1回だけかなりのダイエットに成功して、最大で26キロ痩せることができたことがあります。

hutotteru

その時私は舞台をしていたと言うこともあるので、痩せやすい環境にはいたと言えばそのとおりなのですが、今思えばその時はダイエットをしようと必死になっていた頃でしたので、お昼ご飯いつもこんにゃく麺のそうめんだけであったり、飲み物は水だけであったり、夕飯を極度にカットしたりするなど、摂取する量を極端に減らしていました。ガンなどの病気になって痩せるのとは違いダイエットサプリを飲むダイエット方法はキレイに痩せられるので気に入る方が多いでしょう。

その上で運動量はいつもよりも倍以上行っていくなど、ストイックな生活をしていたのですが、あの時は執念に燃えていたといっても過言ではないほどダイエットに執着しつつ、健康維持と言うよりも体型改造をかなり強く意識していました。もちろんその後に痩せるサプリを飲む事はかかしません。

ただしこれだけの無茶をすれば当然体にも負担が大きくかかります。質の良い睡眠が取れなかったり、体力が衰えてくるなど様々な弊害を感じていました。しまいには、その時夏場だったのですが、熱中症で何度も倒れてしまうなど、逆に舞台のメンバーには迷惑をかけてしまうこともありました。

そのおかげなのか功を奏した言うべきなのか見る見る間に痩せていき、1年間で26キロのダイエットに成功することができました。

現在では少しリバウンドはしたものの、1番痩せていたときの+3キロでとどまっています。とは言えども、今の体重で落ち着くまでの間に+のリバウンドもかなりありました。やはり健康的な痩せ方でなければ筋力もついてきませんし、脂肪の仕方も燃焼と言うよりはただ単なる飢餓による消化に近い状態なので、体としてはメリットがありません。

最近ではそこまでのストイックな事はできていないものの、逆においしいものを食べたい、お酒を飲みたいなと怠惰な生活になりつつあるので、逆にあの時のストイックさを取り戻した方が良いのではないかと思うほど生活状況は変わりました。急激に痩せたいと言うわけでは無いものの、やはり美容体型を目指したいと言う希望はあるので、話題のダイエット方法などをいくつかためしたりはしているのですが、どれも効果を表してはいません。やはり働きながらと言うこともあるのですが、そもそも根本的に体を動かす機会がかなり減ったので、やはり楽をしてはダイエットはできないのだと最近は痛感しています。動かなくても良い、食べても大丈夫と言った文句につられてしまうことも多くありますが、大体はそれだけでは痩せることができない痛みを持って知らされています。

糖質カット、高タンパクだけじゃ痩せられない!

diet-figther

ダイエットの基本的な原理は摂取するカロリーを減らすことにありますが、カロリーを消化しつつ脂肪燃焼するための筋肉をつけると言うことも重要です。

そのためカロリーの提言の上では糖質カットのダイエットなどが現在は流行ですが、糖質ダイエットは専門家によると、脳のガソリンとなるブドウ糖などが生成されにくくなるため、過度なカットは体に悪影響を及ぼすとも言われています。

最近ではコンビニエンスストアなどに販売されているサラダチキンと呼ばれるものが人気と言われています。これは鶏のささみを利用したサラダ用のチキンなのですが、様々な事が用意されていて、とてもヘルシーでおいしいのですが、そんなヘルシーなサラダチキンだけを食べていてもダイエットは成功しません。根本的に体を動かさなければ、鶏肉などに多く含まれているたんぱく質は筋肉には変わりません。筋肉に変わらなければ脂肪を消化するための体の構造ができないため、いつまでたっても痩せる事はありません。

ダイエットの基本的な条件としてまず食生活を見直すことにありますが、逆から言えば食生活を見直しただけではダイエットが成功するわけでもありません。現代社会では運動量が不足していると言われておりますので、その点もダイエットの失敗の要素の1つだと言われています。痩せるサプリを飲むだけではだめなのです。

例えば、駅から家までの間をスクーターではなくウォーキングにするだけでも効果は違うと言われています。当然それを何日か続けただけでは程度の知れたカロリーしか消化されませんが、続けば筋肉の成長にはなりますので、痩せやすいダイエットサプリメントをしっかりと飲んで体を作ると言う点では大きな成果を観ます。

あと、自分が体重を落とすためにはどれだけのカロリーを消化しなければならないかと言うのを意識するのもダイエットの1つの方法です。一般的には1キロのダイエットに成功するためには、体に蓄積されたカロリーのうち、7,200キロカロリーを消化しなければならないと言われています。ハンバーグで言えば8個分ほど、お茶碗の白ご飯であれば30杯ほどのカロリーと言われています。こうしてみると割と莫大な数字がかかるものです。この数字だけでもダイエットは簡単にはできないと言うことが想像できるでしょう。こうした数字を知ることで、現実的な数字をしっかりと見て、地道にダイエットに励むきっかけになると言うこともありますので、しっかりと前を見て、運動と食事の良いバランスを心がけてダイエットをするようにしましょう。

参考サイト

ファンケルのダイエットサプリメント
痩せるサプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です